施術について

こんなお悩みありませんか?

・妊娠前のお悩み>>
・妊娠中のお悩み>>
・産後のお悩み>>



こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?


1.なんで「心配」が起きるのでしょうか?

 現代は、妊活・妊娠・出産~子育てに漠然とした不安を抱えている女性が多くいらっしゃいます。
「子どもできるかな?」「高齢出産だけど大丈夫?」「子育てに自信がない」「夫との関係が…」などなどその問題は多岐にわたっています。それに加え、ご自身の身体の変化やホルモンの乱れによる心の変調など、1人で抱え解決するには問題の専門性が高過ぎます。ですから、なんとなく不安になったり、よくわからないために理解できずに進んでしまい、ますます心配が高まってしまうことがあります。

2. Rose mer(ローズメール)では具体的にどんなセラピーを行っていきますか?

 まずは、カウンセリングにてクライアント様のお悩みを伺っていきます。
現在の状態・状況を把握したうえで、どんなママになるのかなどの心理分析を行い赤ちゃんとの生活を具体的に感じられるようにお手伝いいたします。また不安などについて実際的にどんな解決方法があるのかを一緒に考え、提案し、実行するための道筋を示していきます。
(*妊活中の方には妊娠するための身体づくり、妊娠中の方にはお腹の赤ちゃんもママもともに快適なマタニティ生活が送れるように、妊娠週数に合わせたアドバイスやお身体ケア・メンタルセラピーを行います。)

年間コースでは、その方の人生に寄り添うことを基本とし、赤ちゃんとの生活を楽しむと決めて頂いたあなたを徹底的にサポートしていきます。
必要に応じて、身体の変化や妊娠・出産などについて学び、
また心理面のサポートとしてはカウンセリングやアートセラピーを通してご自身の内面と対話していきます。
リラックスを図るための「お楽しみ」を大事にし、緑の公園を散歩したり、1人ではいけない素敵な場所にランチに行ったり、あなたが好きなことを一緒に探し、実際にやっていきます。
当然ですが、身体のメンテナンス・リラクゼーションは徹底的に行い、ママになる準備、そしてママとなってからの暮らしを快適に過ごせるように導いてまいります。
1人では味わえない楽しい時間に、貴重な時をより良く過ごすことができるプログラムとなっています。

3.施術を行うとどうなりますか?

自分の中だけにあった悩みを解放することができます。
それにより客観的に悩みを考えることができ、解決するための具体的な行動へ移りやすくなります。
セラピー中におこる様々な心身の変化については、私がナビゲーターとなり、いつでも相談していただくことで、不安なく歩むことができると考えています。

また、子どもを産むことは責任のある事であることを自覚して頂くので、赤ちゃんとの生活において、ちょっとしたことでは動じない心の強い母になれることをお約束します。



こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?


1.なんで妊娠中は腰が痛くなりやすいのですか?

 妊娠中の腰痛には以下の原因が考えられています

 ① 出産ホルモンの分泌


妊娠すると出産に備えて「リラキシン」というホルモンが分泌されます。
リラキシンは、靭帯を緩め関節を動きやすくするので赤ちゃんが産まれるためには必要不可欠なものですが、その間お尻や腰の筋肉を過剰に使って骨盤周辺を支えなければならなくなります。
そのため腰やお尻の筋肉がいつも以上に緊張し、腰痛が出現しやすくなります。


 ② 姿勢・体重変化


お腹が大きくなるにつれて、重心のバランスを保つために自然と腰を反らせたような姿勢になります。
また、腹部が前に出るかたちで体重が増えることによっても腰を反らす姿勢となります。
すると骨盤の傾きにも変化が生じ、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増加します。
こんなお悩みありませんか?

 ③ ストレス


脳へのストレスは、筋肉の緊張を増加させます。仕事やさまざまな悩みにより身体の緊張は増加し、腰痛を引きおこす一因になります

 ④ 便秘


便秘により腹圧が上昇。
腰へのストレスも上昇して腰痛の一因となることがあります。

 ⑤ 仕事で立位が多い・忙しすぎる



 ⑥ もともと筋肉が弱い


上記のように妊娠中は、ホルモンという内部的な問題に加え、姿勢・体重などといった外部的な要因により、腰痛が非常に出現しやすい状態になります。またもともと腰痛症のある方はより注意が必要になります。

2.産婦人科では骨盤ベルト装着はしてもらえますが、それ以外にもできることはありますか?

「はい」あります。
過度に使われて痛みの生じている筋肉をゆるめるマッサージを行ったり、腰の筋肉を緩めたり、筋肉のアンバランスを整えるエクササイズを行うことができます。また日常生活での不良姿勢の改善や、身体を冷やさないなどといった注意ができます。
*骨盤ベルトは、基本的には過度の負担がかかる筋肉の力を補うために装着されます。(骨盤帯を締めるためではありません。)装着は痛みの強い方には適していますが、装着によりさらに筋力が低下したり、関節の可動性が低下することで身体が動かしにくくなり痛みが増すこともあります。そのような二次的障害の予防のためには、骨盤底筋エクササイズや関節モビライゼーションなどが有効です。

3.妊娠中の腰痛に対して、Rose mer(ローズメール)では具体的にどんなセラピーを行ってくれますか?

2でもお話したような施術メニューを、その方の状態に合わせて選択して実施していきます。
・整体(トリガーポイント療法):痛みのある筋肉に対して静止押圧をかけ、血液の流れを止める「虚血圧迫法」を実施。その後の、より多くの血液を流そうとするリバウンド現象を用いて血流改善を図ることで痛みを解消する。
・マッサージ・リラクゼーションエクササイズ:痛みのある筋肉のリラクゼーションによって緊張を緩和する。
・関節のモビライゼーション:関節の他動運動のこと。
その他:・呼吸セラピー、骨盤底筋エクササイズ、姿勢・生活動作指導 、生活・環境改善指導 など

4.施術を受けるとどんな変化がありますか?

筋肉の緊張が緩和し、滞っていた血流が改善されるために痛みは軽減または解消に至ります。妊娠中は徐々に体型・体重が変化するため、効果を持続させるのは難しいですが、自主トレーニングや生活動作の改善をご自身でも行って頂くことで、できるだけ効果を持続させることができます。また、自分自身でちょっとした姿勢や動作を注意することで、自分の身体に対して積極的に関わろうとする気持ちがアップします。

さらに定期的な施術を受けることで、全身的にも副交感神経優位となりリラックス状態の時間を増やすことができます。副交感神経優位になることで、内臓器の機能・治癒力・免疫力は向上し、体内で赤ちゃんを育てている妊婦さんには非常に理想的な身体となります。母子ともに心身がリラックスした状態でマタニティライフを快適に送ることができるでしょう。



こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?


1.なんで産後にブルーな気持ち(マタニティブルーズ)になるんですか?

マタニティブルーズは分娩直後から発現する気持ちの落ち込みのことです。
原因はまだ十分には解明されていませんが、分娩後の急激な内分泌環境の変化が関連しているといわれています。妊娠中、妊娠を継続するために出されていたホルモンの分泌量が、分娩直前になると急に下がります。
下がることによってお産へのスイッチは押されますが、ママの身体にはこれまでと真逆になる急激な変化が起こります。出産を境にして起こるこの急激な変化に体が対応しきれず、精神的にも影響を受けた状態がマタニティブルーにつながると考えられています。体の変化に加え、慣れない育児や夜間の授乳による睡眠不足といった心理社会的要因がマタニティブルーズの発症に影響を及ぼします。

2.どんな対処法がありますか?

*妊娠中からできること*


◇ママ友を作っておく!(先輩ママ友だちでもOK!)
◇家族の理解を得ておく
パートナーに産後に起こるマタニティブルーズのことを知っておいてもらってください。
◇準備をしておく!
産後1ヵ月間に必要となる物品などはしっかり準備しましょう☆(とくに初産婦さん)
◇産後1ヶ月は実家などで過ごす!
出来るだけママー新生児のみで過ごさないようにセッティングしてください。
家事・沐浴などはお母さんにお任せし、実家で甘えてください。

 
*マタニティブルーズになってしまったら*


◇まずは自身で気付けるようにしましょう!
「なんだか泣けてくる」「食欲がない」「眠れない」「不安でしかたない」などの症状に気付いてください。
◇完璧にやろうとせず誰かと不安を共有し助けてもらう!
◇周りの人にも「ママは最初からなんでもできるわけではない!」という理解を得る
◇つらい時には人に手伝ってもらう
産後の援助などを使い、別部屋にて赤ちゃんを預かってもらいぐっすり眠ってください。
これだけでも改善することがあります。

3.マタニティブルーズに対して、Rose mer(ローズメール)では具体的にどんなセラピーを行ってくれますか?

 マタニティブルーにはなりやすい方の特徴がありますので、出産前から注意していくようにします。またご本人にもそのことを知っていただき、2で挙げた項目については充分に配慮できるようにご指導させていただきます。
マタニティブルーは病気ではなく、産後1ヶ月以内に自然に治るものですが、Rose merの産褥期(産後1ヶ月以内)のケアでは次のようなことを行っています。
・カウンセリング ・アロマリラクゼーション ・トークセラピー ・マッサージ
産直後の疲れた身体を休め、落ち込んでいる心を解放し軽くなるような施術を行っていきます。

4.施術を受けるとどうなりますか?

施術中の短い時間でもグッスリと眠って頂くことができれば、充実した休息が得られ症状の改善が期待できます。また誰かと話がしたい(産直後は大人との会話に飢えていますから)、聞いてほしいという方には、アロママッサージを行いながらのトークセラピーを楽しんでいただきます。たったそれだけのこと?と思われるかもしれませんが、マタニティブルーズには非常に効果的です。
マタニティブルーズは病気ではありませんし、自然回復される症状ですが、マタニティブルーズを経験した方は「産後うつ」になりやすいという事実もあります。できるだけ早期に対処して、子育てを楽しむための心と身体を養いましょう。